天魔

アスラおう

インド神話におけるディーヴァ神族と対立する立場にあるアスラ族の大王。
サンスクリッド語で「偉大なるあまねく照らす者」という意味を持つ光明神「 ヴィローチャナ  ヴィローシャナ 」が真名。
この神格がペルシャに入るとゾロアスター教の主神アフラ・マズダになり、また仏教に入ると密教の最高神である大日如来となる。仏教が中国に伝わると、漢字を当てて「阿修羅(アスラ)」と表記される。

女神転生シリーズにおいて

女神転生」にて アシュラとして初登場。
真・女神転生」から現在のイラストの姿でCHAOS勢力の親玉として登場する。
種族はシリーズによって”邪神”、”天魔”、”破壊神”と様々。
メガテンでは本来の名である ヴィローチャナ ヴィローシャナ とは、アスラおうと表裏一体の存在として扱われていてそれぞれ別々の悪魔として存在する。
初期シリーズから要所要所に登場していて、崇拝される地域・神話によって、神・魔の立ち位置が著しく異なる彼のような存在は、メガテンシリーズそのものを象徴している、と言っても過言ではない。

アスラおうの解説動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

アスラ

アスラとは、インド神話における神族または魔族の総称。

血気盛んで闘争を好む鬼神の一種。
もともとは生命生気の「善神」を意味していたが、のちにインドラ神などの台頭とともに彼らの敵とみなされるようになり、戦いを挑む「悪魔」「鬼神」「悪神」の類へと追いやられた。
不死・不滅の存在ではないが、自らに想像を絶する厳しい苦行を課すことによって神々をも超越する力を獲得し、幾度となく神々 (ディーヴァ神族) から世界の主権を奪うことに成功している。
仏教では六道輪廻の中の一つに阿修羅界が位置づけられ、常に戦いを好む心の状態を指す。

女神転生シリーズにおいて

メガテンではアスラおうの部下として活躍するパワー系悪魔。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ヤマ

ヤマはインド神話に登場する死の神であり、司法・冥界の神。「死者の王」、「閻魔天」ともよばれる。

ヤマは人間で最初の死者となり、死者が進む道を見いだし、死者の国の王となった。インドでは、古くは生前によい行いをした人は天界にあるヤマの国に行くとされており、そこは死者の楽園で長寿を全うした後にヤマのいる天界で祖先の霊と一体化することは、理想的な人生だと考えられていた。
後世になると死者の生前の行為により刑罰を与える裁きの神として描かれるようになり、このヤマの姿から仏教に取り入れられ地獄にいる閻魔大王の姿が確立したとされる。

女神転生シリーズにおいて

真・女神転生」で初登場。種族は”天魔”。
仏教の閻魔大王のようなデザインであり、メシア教徒を裁くカオス勢力の裁判官として登場する。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA