邪龍

ヴァスキ

ヴァスキの画像

インド神話の古き龍。ナーガ族の王(ナーガラージャ)。
また、同じナーガラージャシェーシャアナンタと同一視される。

かつて神々は混沌の乳海をかき回して不死の霊薬アムリタを作ることを思い立ち、巨大なマンダラ山を棒として、そしてその棒を引っ張るための縄としてヴァスキを使ったという。(乳海攪拌)
ヴァスキの一方を神々が、もう一方をアスラが引っ張り、あまりの苦しさにヴァスキは猛毒ハラーハラを吐いた。
アムリタはこの猛毒に冒されそうになったが、シヴァが急いで毒を口に入れたため無事だったとされる。
この時 シヴァ の喉を焼いたため、首から上が青黒くなったといわれている。
後に仏教に取り入れられて八大竜王の1つとなり、日本に伝来して九頭龍大神となった。

女神転生シリーズにおいて

”邪龍”の高位悪魔。
メガテンにおいて毒スキルはあってもたいした効果はないので主に氷結スキルで活躍する。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ファフニール

ファフニールの画像
ファフニール 旧Verの画像
ファフニール
ファフニール 旧Ver
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

北欧の伝説に登場する悪しきドラゴン。
英雄ジークフリードによって倒された。

12世紀に書かれたとされる「ヴォルスンガ・サガ」の中では、毒を持ち、大地を震わせて歩く、大蛇に足が生えたような姿の怪物だとされている。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「女神転生Ⅱ」で、種族は”妖獣”。
真・女神転生」では”邪龍”種族が実装され、高位の悪魔として登場。
ドラゴンの中でも名前を持つ個体として有名であり、他の作品にもキャラの名前、モンスター、技名等、色々な形で登場している。

ファフニールの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA