魔人

マザーハーロット

新約聖書の最後の聖典”ヨハネの黙示録”に「大淫婦」として記されている魔人。
名を直訳すれば「淫らな女(売春婦)の母」。

神に逆らう7つの頭に10本の角を持つ赤い獣にまたがり、その手には汚れに満ちた金の杯を持つとされる。
黙示録17章ではマザーハーロットに関して詳細な記述が見られ、獣の頭や角を「王」、彼女自身を「他の王たちを支配する都」などとしていることから、「ローマ帝国を表現している」という説もある。
政治・宗教的な反キリストの象徴とされる。
黙示録では七つの封印が解かれ、七つの災いが地上にもたらされた後に彼女が登場し、彼女の死が神の勝利とサタンの敗北の先駆けとして扱われる。

女神転生シリーズにおいて

真・女神転生III マニアクス」が初登場。
作中では 高いステータスと非常に優秀な耐性、強力なスキルを持ち仲魔にするには困難だがそれに見合う価値が十分ある強さを持つ仲魔となる。
後ろ姿だけみればスレンダー美女。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

トランぺッター

新約聖書の最後の聖典”ヨハネの黙示録”に記される、終末を告げるラッパを与えられた神の遣いで、天使であるとされている。
トランぺッターたち終末を告げるラッパを吹く天使が自分のラッパを吹くと、それぞれに火災や星の墜落など様々な厄災を起こし、地上を一旦、死の世界へ変えるという。

  1. 一人目のラッパは火と雹を降らせ、地上の1/3を滅ぼす。
  2. 二人目のラッパは海を干上がらせ、その1/3を減らす。
  3. 三人目のラッパはニガヨモギの流星を落とし、地上の川の1/3を毒で汚す。
  4. 四人目のラッパは暗闇を呼び寄せ、地上の昼の時間を1/3にしてしまう。
  5. 五人目のラッパは地獄の蓋を開け、アバドンと僕(しもべ)の蝗(イナゴ)を呼び出す。
  6. 六人目のラッパはユーフラテス川の畔に繋がれている「四人の御使い」を開放し、 地上の人間の1/3を虐殺する。
  7. 七人目のラッパはキリスト教の神が世界を支配したことを告げ、キリスト教徒以外の異教徒を滅ぼすべく様々な天変地異を巻き起こす。

この終末において、悪魔は神との戦いに敗れ、神に選ばれなかったキリスト教徒以外の異教徒はすべての人々が死ぬことになる。

女神転生シリーズにおいて

真・女神転生III マニアクス」が初登場。
作中においてはトップクラスに強いBOSS戦となる強敵で万全を期して挑まないと瞬殺される。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ホワイトライダー

ヨハネの黙示録に記される四騎士の一人で、第一の封印が解かれた時に現れる「支配」を司る騎士。

手には弓を、頭に冠を被り、白い馬に乗った姿で現れるという。
手に持つ弓は”侵入者”、冠は”征服者”、そして白馬は”勝者”を象徴しているとされる。
神の戦いの象徴である彼には冠が与えられ勝利の上の勝利(支配)をすることを求められているという。
四騎士は、それぞれが地上を支配する能力や人間を殺す権力を持っており、災厄の象徴とされているとも言われている。


ホワイトライダーは他の三騎士と共に地上の四分の一を支配する権威を神より与えられている。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「真・女神転生Ⅲ マニアクス 」。
作中では災厄の先駆けであるホワイトライダーは、破魔耐性のない相手を即死させる「ゴッドアロー」という凶悪なスキルを所持しており、強力な攻撃スキルに無限に現れる増援、何よりもセーブポイント前で待ち構えるという鬼畜仕様など数多のメガテニストが戦慄した。
主人公が最初に遭遇する四騎士として扱われ、いずれのメガテンシリーズにおいても魔人の恐ろしさをプレイヤーに味わわせる実力を有している。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

レッドライダー

ヨハネの黙示録に記される四騎士の一人で、 第二の封印が解かれた時に現れる「戦争」を司る騎士。

火のように赤い馬に乗り、大きな剣を構えて現れるという。
赤い馬は”流血”を象徴しているとされる。
地上の平和を奪って人々に殺し合いをさせる力が与えられていると言われ、彼の引き起こす殺し合いとは内乱のことであるとする説がある。
四騎士は、それぞれが地上を支配する能力や人間を殺す権力を持っており、災厄の象徴とされているとも言われている。
レッドライダー は他の三騎士と共に地上の四分の一を支配する権威を神より与えられている。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「真・女神転生Ⅲ マニアクス 」。
作中では災厄の 2番手であるレッドライダーは敵複数体に高威力の物理ダメージと混乱状態を付着させる「テラーソード」を繰り出す。
他にも強力な全体・単体魔法スキル、増援による補助を備え、
対策を練らずに挑めば全滅必至の相手である。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ブラックライダー

ヨハネの黙示録に記される四騎士の一人で、 第三の封印が解かれた時に現れる「飢饉」を司る騎士。

黒い馬に乗っており、手には天秤を持って現れるという。
黒い馬は”荒廃”を象徴し、手に持つ天秤は食料を制限するものである。
飢饉を起こす力を持ち、人々の苦しみの内に殺すことが許されているという。
四騎士は、それぞれが地上を支配する能力や人間を殺す権力を持っており、災厄の象徴とされているとも言われている。
ブラックライダー は他の三騎士と共に地上の四分の一を支配する権威を神より与えられている。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「真・女神転生Ⅲ マニアクス 」。
作中では災厄の 3番手であるブラックライダーは敵全体のHPを半減させて魔封状態を付着させる魔力属性スキル「ソウルバランス」が強力でその他にも万能属性魔法を駆使し、「死霊召喚」でレギオンを呼び出しマカカジャで攻撃力を上げる等、他の魔人同様、強敵である。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ペイルライダー

ヨハネの黙示録に記される四騎士の一人で、 第四の封印が解かれた時に現れる「死(疫病)」を司る騎士。

青白い馬(蒼ざめた馬)に乗り、黄泉の主(ハデス)を従えて自らの名は「死」といい、現れるという。
ヨハネの 黙示録の四騎士で唯一持物、象徴が明確化されていないのはペイルライダーだけであり他の三騎士が神より与えられた権能が”支配”、”戦”、”飢饉”と抽象的なものであるのに対し、ペイルライダーは「人を滅ぼす」と書かれた異色の存在である。
死病でもって人々の命を奪い滅ぼす力を持っている。
四騎士は、それぞれが地上を支配する能力や人間を殺す権力を持っており、災厄の象徴とされているとも言われている。
ペイルライダー は他の三騎士と共に地上の四分の一を支配する権威を神より与えられている。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「真・女神転生」。
唯一、他の三騎士よりも早く登場している。
真・女神転生Ⅲ マニアクス 」 では万能属性スキル「ペストクロップ」でPOISN状態に陥った相手を即死させ、「死魔召喚」で呼び出した夜魔ロアのスキル「自爆」のダメージを吸収して体力を回復するペイルライダーの姿は、命を刈り取り死を収穫する死神そのものである。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ヘルズエンジェル

黒のライダースーツを着用し、真っ赤なマフラーをたなびかせ、自ら「地獄の天使」を名乗る。
「自身も含めた全てのものへ向けた怒り、憎悪」から生まれた常に怒りを持つバイカー姿の死神 。
己を含んだ世の中の何もかもを憎んだその怒りは、暴力のみを意思伝達能力とする忌まわしい存在へと自らを変えた。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「真・女神転生Ⅱ」。
モチーフはアメリカに実在するバイカー集団「ヘルズ・エンジェルス」。
デザインはアメコミ「ゴーストライダー」の影響も大きい。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

だいそうじょう

戦乱の世の頃、人々が苦しみ惑う中で、それを憂い救済のために断食を瞑想に取り組む内に自らの命を絶った僧侶。
その霊験によって身体は腐敗することなく存在を続けている。
信心深い者が苦しんでいると、どこからともなく現れ救いの手を差し伸べると言われている。

女神転生シリーズにおいて

初登場は 「真・女神転生」であり”魔人”種族の中では古株。
姿は黄色の僧衣に緑色の袈裟を着けた即身仏。
真・女神転生Ⅲ マニアクス 」では “瞑想”によるHP、MP吸収で疲弊させて全体破魔・呪殺魔法スキルで敵を即死させていく前半戦と、“喝破”によるプレスターン増加から“煩悩即菩提”による状態異常付着で追いこむ後半戦と苛烈な攻撃を仕掛けてくる。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

マタドール

トレーロ(Torero)とも呼ばれる。
闘牛は一人で行うのではなく、幾人かの闘牛士がかわるがわる攻撃して牛を弱らせていく。
最初は馬に乗った「ピカドール」が槍で牛を突き、続いて「バンデリエロ」が杭を打ち込む。
そして最後にとどめの一撃を打ち込むのが「マタドール」である。

女神転生シリーズにおいて

メガテンシリーズにおいてはマタドールは猛牛に代わり人と相対する。
死と隣り合わせの極限状態に身を置き、剣を交わし、昂らせ、相手を死の淵に叩き落とすことを至上とする、血に飢えた戦闘狂のごとき存在である。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

アリス

アリスの画像
アリス
アリス 屍鬼Ver
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

金髪の少女の姿をした正体不明の霊。
あどけない容貌に反して底知れぬ呪力を持つ魔人である。
不幸な死を遂げたイギリス人少女の霊であるとも、売れない小説家の偏愛思念とも言われるが、真実は彼女自身ですら分からない。

女神転生シリーズにおいて

真・女神転生」から登場し以後シリーズでは常連悪魔となっている。
真・女神転生」 ではメシア教が行った東京へのICBMの投下によって幼くして死を迎えるが、赤伯爵こと魔王ベリアルと、黒男爵こと堕天使 ネビロス に魂を拾われ、屍鬼として蘇らせられる。
アリスの幸せを願う赤伯爵と黒男爵によって死人が住む街となった六本木で平穏に暮らしていた。
赤伯爵と黒男爵のことをそれぞれ赤おじさん、黒おじさんと呼ぶ。
年相応に無邪気で愛らしくも、自由奔放でワガママな性格をしており、永遠の友達(ゾンビ)になってくれる存在を求めている。

上記の事からシリーズによって仲魔にするには ベリアルネビロス による特殊二身合体が必要になることもある。
死んでくれる?」がお決まりセリフのかわい子ちゃん。

アリスの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA